記事

デニムでマスクを作ってみた結果・・・・・・ レビュー

デニムでマスク作り

今回なぜデニムでマスクを作ろうと思ったのかと言いますと

割とマジな話、ズボンを履こうとした時何気なくズボンの後ろを見たら『これもう半分マスクじゃね?』と思ったからです。

そこでいらないデニムを用意してどのようなマスクを作っていくか考えた結果、形状から立体マスクを選択しました。フルフェイスみたいなのでもいいかなと思ったのですが家用だとしてもしんどいんで(みじめそうすぎ)無難な道を行きます。

普段裁縫はやらないのですが結構自信はあるのでとりあえず1回作ってみようという方針で進めていきます。

布用両面テープと布用ボンドを用意しました。とりあえず形だけ作って縫っていこうと思います。

 

 

このような形にして裏もちゃんと両面テープで貼ってとりあえず完成。問題はひも部分なのですが今回はいらないケーブルを選択しました。


ケーブルを選択した理由はないのですがデニムに普通のゴム紐じゃあ味気ないかなと思いまして。


ケーブルの中身を取り出される方なんてなかなかいないと思いますが、取り出される場合は複数入っているケーブルをまとめて引き抜くのではなく、1本1本引き抜いてください。そうすると最後は銅線だけが残りますので上記の写真のように綺麗に抜けます(すごい綺麗)

ちなみにケーブルを切るときは長めに切って耳に当ててちょうどいい長さに調整します。

 

形を整えて完成です(なんだこの形状)ひもは中の両面テープで固定されている状態です。この状態は単純に縫い糸を両面テープに変えたという認識でOKです。ここから鼻の部分に針金を入れたり、強力とはいえ洗濯が不安なので縫ったりしていく予定です。

 

針金の代わりに両面テープで鼻とマスクの隙間を完全に埋めて付け心地を確認しました。テープで埋めているとはいえ皆さんが思っている以上にフィット感があっていい感じです。写真を見ると中心がずれていますが紐の長さを変えることで調整が効きます。ちょっとずれている方がいかにも手作り!!って感じで個人的にはずらしてつけたいのですけれどもかなり迷うところではありますね・・・・・・

とりあえず作ったにしてはなかなかいい感じでしたがアゴが出ちゃいました〜(萎え)全然関係ない話ですが、ある程度髭剃らなくてもマスクで隠して出勤できるからなんか得している気がしています。永久脱毛したい今日この頃。

話を戻しますが、布マスクにキッチンペーパーをかますことでやっと効果が期待できるという意見もあるようです。ですからキッチンペーパーを中で普通の両面テープで固定してアゴを隠そうかと思っています。不自然ですが・・・・・・

 

終わりに

簡単そうに見えるかもしれませんが意外と時間がかかりました。平日の中抜け時間にやらなくて正解でした。皆さんも休みの日で時間にめちゃくちゃ余裕があるときに作りましょうね。