記事

NW-ZX300

NW-ZX300の紹介

今まで使っていたiPod classicが壊れたため音楽プレーヤーを探していました。
iPod classicが壊れるまでの私が音楽プレーヤーに求めていたものはフッション性と容量でした。
シンプルでかっこいいデザインの音楽プレーヤーはiPod classic以外にないと思っていましたが、ZX300は個人的にヒットでした。
シンプルでかっこいいとしか言いようがないと思うのですがいかがでしょうか。

 

2色展開となっておりますのでどちらにするか迷ってしまいますね。

 

ちなみに私は黒を選択しました。
気軽に携帯できる色ですよね。赤や青や黄色の音楽プレイヤーも個性があって良いとは思いますが、皆さんは学校や会社でメチャクチャ怒られた日の帰りに赤や青や黄色の音楽プレイヤーで音楽を聴きたいですか。私はそういう日に赤や青や黄色の音楽プレイヤーで音楽を聴きたくないタイプの人間なんですよ。ましてや、SNSで大炎上したり他人とイザコザがあったりした日には・・・・・・
このご時世ですしね。なんか悲しくなっちゃうのは私だけでしょうか。
話が脱線してしまいましたが、それくらいなんていうか、感情や物事に左右されにくい色ですよね。

 

 

ケースをつけてみました。レザーが合う音楽プレーヤーはそうないと思います。そんなことより、ケースをつけただけで安心なのにレザーですからね。レザー。レザーの安心感ってなんなんでしょうね。

せっかくなので私が実際にZX300に触れてみて良いなと思ったところをいくつか紹介します。

まず、一番良いなと思ったところはUSB DAC機能です。素人があまり大きなことは言えないのですが、この機能だけは熱く語らせてください。

何が良いのかというと、パソコンとプレーヤーをUSB接続してパソコン内の音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめるというのがとても素晴らしいと思いました。恐らくパソコンで楽しまずに評価をしてしまっている人は少なくないのではないでしょうか。ネットを見ているとそんな気がしてなりません(ウォークマンなのだから仕方がない気もしますが)

何が素晴らしいって、一般的にデジタル信号はアナログ信号と比べると音の劣化が少ないらしいんですね。ただ、音源自体の音の劣化がなければ問題ないような気もしますよね。でも送り方だったり、ノイズの聞こえ方だったりがデジタル信号を拾うかアナログ信号を拾うかとで間違いなく違いがあるんですよね。これは絶対違うんですよ。

ここでつっこまれるとしたら「でもプレーヤーにヘッドホン接続してたら意味ないじゃん」です。

ヘッドホンはアナログ出力なのでちょっと矛盾が生じている可能性ありますし素人の僕では説明が難しいんですが、パソコンの音源を普通にヘッドホンだけで聞くのとUSB接続をしたプレーヤーを通して聞くのとでは間違いなく違いがあるんですよ。デジタル信号をプレーヤーが拾っていますから。

パソコンにUSBでポータブルアンプを繋げていると思うと想像しやすいのですが、これは私の勝手な認識にすぎませんし、あくまで素人の勝手な意見にすぎないのですが本当に感動したんです。なのでここは自分の思いを素直に通したいと思います。

え、こんなに臨場感あるのと思わずヨドバシで言葉に出してしまいました。

この機能はぜひ使っていただきたい機能の一つです(※この機能を使うときは必ず DSEE HX 機能を必ずON にしてください)

Hi-Res Audio Player(Mac OS)サイトへ行く 

macを使っている方は上記の専用ソフトウェアをダウンロードしてください。Windowsもメーカーのサイトから専用のソフトウェアをダウンロードできますのでご安心を。

ただし、ハイレゾの音楽データはなるべくソニーの音楽ダウンロードサイトmoraでダウンロードしてください。

CDをウォークマンに取り込む場合はWAVファイルやFLACファイルに変換することを強くおすすめしますが、ダウンロードサイトで購入した音源と同じデータに設定するのは面倒という方もおられるかと思いますので(使うフリーソフトにもよります)皆さんの判断にお任せします。個人的にはここで妥協して欲しくはないのですが・・・・・・

次に良いと思ったところはイコライザーの設定や、音質設定で自分好みの音質に幅広く変えることができることと、アナログレコードの音質を再現できることと、バランス接続というイヤホンの細い穴とは別にもう一つ別の少し大きな穴のところに専用のヘッドホンを接続できるようになっているところです。この幅広い設定とヘッドホンで外出時でも気軽に高音質な音楽を楽しむことができます。

 

MDR-1AM2

と言いますか6.35の規格(一般的な接続端子)を採用しないあたりがせっかく良い音楽プレーヤーを買ったのだからヘッドホンも良いものを買うべきだと暗示していますよね。これ・・・・・・もちろん一般的なヘッドホン、イヤホンでも十分に楽しむことができますがこのヘッドホンまで揃えたらもう完璧ですね。この感動を自分のものだけにしたくなっちゃいますよ。

iPodを使っていたときはポータブルアンプに繋いで楽しんでいたのですが、このプレーヤーはその必要がありません。それだけの機能が備わっちゃってるんですよ。

と言いいますか、アナログレコードの音質を再現は凄くないですか。個人的にこの機能は再現性が高いので本当に感動しました。

終わりに

これで私の思いの丈を一通りみなさんにぶつけることができたので言い残すことはもうないのですが、まずはZX300とMDR-1AM2があるお店で試聴してみてください。お店に置いてあるプレーヤーの中身は大抵全部ハイレゾ音源なのである程度参考になるかと思います。

では、もし最後まで読んでいただけましたら本当にありがとうございました。