記事

Antifa アンティファ について調べてみた review

最近ネットニュースなどで見聞きされた方もいるかと思いますが、今回はアンティファについて調べていきたいと思います。

Antifaとは(wiki

Antifa アンティファ   は主に左翼であり 、米国の反ファシズム 政治活動家運動は、政策改革ではなく直接行動を利用して目的を達成することを目的とする、さまざまな自律活動家グループ。活動家は、 ファシスト 、 人種差別的 、または極右であると特定した人々に対する物的損害、身体的暴力、 嫌がらせなど、 デジタル活動や武装勢力などの抗議戦術に従事しています。

運動に関与した個人は、 反権威 主義 的および反資本主義的見解を持ち、 アナキズム 、 共産主義 、 マルクス主義 、 社会民主主義 、 社会主義などのさまざまな左派イデオロギーに同意する傾向があります。  アンチファという名前と、アナキズムと共産主義を表す2つのフラグが付いたロゴは、どちらもドイツのアンティファ 運動に由来している。

 

アンティファの名を騙り過激な行いをするという内容のニュースを見ましたが、過激な行いをする人がどういう思想を持っているかは重要ではあるのですが、そこばかりに注目してしまうと問題の本質から外れてしまったり、かえって問題を複雑化させてしまう気がします。過激な思想を持っているか、単に過激な行いを楽しみたいかの違いでしかなくて結局法を犯したら一緒のことですからね。

価値観は違えども、要は法を犯したら排除されるというシステムにノーを突きつけているから両者とも法を犯せるんです。裏で操作されたデモだろうが、そうでなかろうが今回の問題はそれだけ多くの人の心に刺さったってことなんでしょう。元々危険な思想を持っていない人も危険な行動に出るレベルの明確なノーの突きつけですよね。

そのノーの突きつけは政権や、自分の環境からくるフラストレーションのようなものの爆発でもあって、さらに宗教や支持政党や個人の思想や価値観などが当然含まれていて問題は単純なのだけれども中身がものすごく複雑になっている印象です。また、SNSのプロパガンダや印象操作がこの問題の中身をより複雑にさせているので、人種差別という問題の認識を改める機会だと私は捉えます。

 

ネットの声(一部翻訳)

「トランプ政権の信頼性はトランプのビジネスと同じくらい破産している」

「人種差別主義者が彼らを攻撃するのを防ぐために存在しています」

「「antifa」をテロ組織として指定することの要点は、彼らが監視、調査、逮捕、起訴する広い自由度を持つことができるようにすることです。 誰でも「アンチファ」になることができます。誰でもテロリストになることができます」

「antifaの思想を持っている日本人が日本での暴動を望んでいる」

 

 

終わりに

独特な思想や宗教や政治的価値観を持った有名人の発言に注意してください。デモの先導やわかりやすいプロパガンダならまだしも煽るだけ煽って問題を複雑にさせる傾向があり影響力が強いです。くれぐれも排除の対象とならないように警戒しましょう。