漫画・本レビュー

ダイヤモンドプリンセス号 人体実験

ベンジャミンフルフォード 人類最終戦争

ベンジャミンフルフォード 人類最終戦争の中で目にする『ダイヤモンドプリンセス号は「人体実験だった」』という一文を見てみなさんはどう思ったでしょうか。私は『そういうからには具体的な策を示せ』です。具体策を示さないで人体実験だったと簡単にいうのは無責任だと思います。

なぜそう思うのかといいますと、船内はただでさえ監獄のようになっているのにも関わらずまともなゾーニング(隔離処理)を行うとどうなるのでしょうね。あるいは軟禁、拘束の状態に違いがあれどもゾーニングをしようがしまいが監獄は監獄なのだから影響に大差はないと思うかもしれません。つまり、船内はすでに隔離された状態なんです。

その隔離された状態の中でできる範囲の移動をするということに違和感を抱く気がしれません。船内で待機している状態はある意味すでに人権侵害的な拘束を受けている状態なんです。その上まともなゾーニングを行なったらどうなるのか火を見るより明らかですよね。医師や乗客がそんなものを期待するなら途中からでも日本ではなくロシアや中国に助けを求めればよかったんです。人権侵害のような行為と自国民を守るという狭間で明確な結論を出すことはあの時点で困難であったのは誰がどう見ても明白なんです。今だからなんとでも言えるんですよ。正直な話待機させないでチャーター機に乗せて帰国させてもよかったと思うんです。あえてそれをしなかった意図を『人体実験』と決めつけられてしまってはクルーズ船を受け入れた側としては納得がいかないですよね。一応先進国ですから多少は仕方ないですがね・・・・・・

私が思うに、色々な方法があった中で自国民を守という結論を出したのは自国民からすると最善だったのかなと思うところです。当たり前の話です。クルーズ船の乗客から感染が広がってしまったということがあるとしても、しっかり待機させて感染の疑いがある人は出すということを徹底していましたから課題はあれども結果的に自国民的には最善としか言いようがない判断だった気がするんですよね(内容はまた別の話)勿論乗客の方は本当に気の毒だと思いますが、たらい回しにならないだけよかったと思うんですよね。

 

終わりに

みんながみんな納得できる結末ではないにしろ、人体実験とまで言われる筋合いはどこにもないと思うのは私だけでしょうか。

 

 

追記 月刊ムー2020 6月号を読んでみた レビュー

 

学生の頃は時々立ち読みでパラパラ〜っと数ページ読んでは鼻で笑って楽しんでいたムーですが、この時期にどういう存在感を放っているのか気になりましたのでレビューしていきたいと思います(買って読むのが初めてのにわかです)

アマビエの正体

面白い内容でいきなり過呼吸気味になってしまいました。アマビエの正体はダイヤモンド・プリンセス号とデカデカと取り上げられていて『アマビエとは、ダイヤモンド・プリンセス号だったのである』と結論から先に言い切っているところもはっきりしていて面白いと思いました。取り扱うネタが面白いからこそそれっぽく記事にするのが普通なのですが『ダイヤモンド・プリンセス号の船首をよくご覧いただきたい。どここをどう見てもこれはもうアマビエの頭にしか見えないではないか。これだけでもう十分に納得されたかとは思うが・・・・・・』

など、淡々とした言い回しで展開して行くので疲れないと言いますかノーストレスで読めます。とはいえ、なぜアマビエがダイヤモンド・プリンセス号なのかがふわっとしていて下手したら思考停止で次のページをめくるくらい頭に入ってこない点が残念でした。

最初のインパクトは本当に子供達も喜ぶレベルで引きつけられる独特な魅力があるのですが最終的になんでなの?みたいな(笑)まさにちょっと何言ってるかわからないって感じでしたね。個人的には残念な部分も含めて結構楽しめたので満足でした。

ムーの評価を見ると

「月刊ムーの記事が3ヶ月前から決定されており、時事問題の影響を受けていないという話がありますが、コロナショックの影響を受けているよう」

「この雑誌独特の???があって毎号お楽しみ」

「月刊ムーの掲載記事は3か月前からきまっていて時事によって差し替え等は行わないという話がありますが、3か月前(2月)にアマビエなんて知ってる人はどのぐらいいたんだろう?仮に知っていても今みたいに商用利用できる知名度じゃなかったはずです。3か月前から記事が決まっているという説が嘘なのか、月刊ムーの方針を変えさせるぐらいに武漢発のウイルスは強力なのか…ノストラダムスの恐怖の大王の前にも屈しなかったムーが武漢発の疫病に屈したと考えると先行き不安で嫌な気持ちになります」

このような声がありました。コロナに負けないで頑張っていただきたいところです。