漫画・本レビュー

ジャンプスクエア 2020年8月号 レビュー

新テニスの王子様

今月号はマジで激アツでした。何が激アツって

これぶっ込んできましたからね。調べてみるとシングルのキャラソンですね。

歌詞

誰よりも高い場所にいた
全てをやり終えたと思ってた

描いた未来の景色へと
忘れていた感情が 疼き出すまでは

本能が胸を刺す
強くなりたいと叫んでいる

熱く 熱く 舞い上がる炎
胸を焦がして行け
自分だけの夢に挑むのは
ahh×2 今しかない

どんな結末があろうとも
戦いは続いてく 永遠に

心が震える瞬間を
この命ある限り 探し求めてる

受け入れてこそ運命
戦う場所など どこでもいい

強く 強く 握った拳を
空へと突き上げる
目指す場所は決して変わらない
ahh×2 迷いは無い

一人で歩いて行くと決めた
もう戻らない覚悟

熱く 熱く 舞い上がる炎
今を燃やし尽くせ
強く求める想い 想いがあれば
必ず辿り着く

いい曲ですよね。この戦いとマッチしているし手塚らしい歌詞で応援したくなります。
最近本当に素晴らしい戦いと展開で私的には満足なのですがネットではどう評価されているのでしょうか。
「手塚国光にはそろそろ勝って頂きたい。魅せて欲しい。怪我や重圧を乗り越え天衣無縫となり全てを解き放った彼本来の力をね。 最強であり最高、完全無欠、唯一無二、それが俺達青学の部長手塚国光という男だよ。 彼には10年越しの白星を期待している。手塚さん頑張って」
「なんだかんだ幸村最強説で押し切って欲しい…!!」
今月テニス王子も熱かった!手塚vs幸村。どちらが勝つのか分からないけど、複雑だな。幸村推しの私としては幸村さんが勝って欲しいけど、手塚さんも負けて欲しくない
などやっぱり応援したくなっちゃいますよね。歌詞が入る時点で手塚が激アツリーチって感じですが、どちらがというよりは2人の熱い試合を期待しちゃいます。
終わりに
ちょっと面白かったのが、回想シーンで手塚がボルクに「世界No. 1のテニスプレイヤーになる為・・・あなたを超えさせていただきます!!」と言ったのですが、それに対してボルクは「無理だ」「走るぞ!!」と言ったんですよね。意味を色々考えることができるのですが、その後すぐに試合のシーンに戻るから手塚の回想シーンみたいに思ったら笑えました。
まあ誰かの回想シーンだったら「あなたを超えさせていただきます!!」で、試合のシーンに戻っていいので、ただの回想シーンだということは承知しているのですが。