記事

ドコモ口座 危険 不正引き落とし

不正引き落とし被害

仙台市を中心に展開する地方銀行の七十七銀行は、電子決済サービス「ドコモ口座」を
利用した不正な引き落とし被害が生じているとして、「Web口振受付サービス」の利用を
一時停止しました。
「ドコモ口座」はNTTドコモが提供する電子決済サービス。七十七銀行によれば、
不正に盗み出した同銀行の口座番号と暗証番号を「ドコモ口座」に紐づけ取引を行う
犯罪行為が発生しているといいます。
Twitterでは被害報告が拡散されており、携帯電話のキャリアとしてドコモを利用していない人も被害に遭っているとのこと。
七十七銀行はドコモ口座を含む決済サービス等との紐づけができないよう
「Web口振受付サービス」の利用を一時停止しています。
dポイントの不正利用なども問題になっていたドコモのサービスで新たに別の被害が発生し問題になっています。
合わせて読みたい
ツイッターでの声
「つまり
①ワンタイム設定やってない七十七銀行の落ち度
②ドコモが本人確認無しで口座開設できるようにした落ち度
主にこの2つのせいだな 暗証番号と口座番号流出しても助かるようにしてないのがアカン」
「いやこれ。。ペイペイが銀行口座ひもつけろって言うから仕方なく出入金はしないって決めて作ったジャパンネット銀行。 連携したとたん、購入した覚えのない有料アプリの請求書が! よく見ると、翻訳アプリで訳した変な日本語、中国語、大量の文字化けのアップルのメールに似せた請求書だった!」
「ドコモ終わったなあって思ったけど何の責任も取らないんだろうから影響無しかな お詫びにdポイント1000円分とか渡して被害者を煽りにかかるのかな」
対策
<1,000ptもらえる!>今なら新規契約でdポイント1,000ptプレゼント!ネットトラブルの実例から学べるネットトラブル事例集や専門スタッフとの電話相談、万が一のときの不正決済補償がついているインターネットをよりあんしんして使うためのサービスです!

 

 

すでに被害に遭われている方のサポートをしてくれる可能性は低いですが、これから万が一のために対策をしたいという方はネットトラブル安心サポートへの加入をお勧めします。

 

加入者が被る次の損害を補償してくれます。

(1)加入者が利用するQRコード決済サービスが次のいずれかの事由により不正使用されたことで、加入者が被る損害

QRコード決済サービスへのクレジットカード等または銀行口座の不正登録

QRコード決済サービスがインストールされた端末の盗難

QRコード決済サービスへのなりすましによる不正ログイン

(2)加入者のクレジットカード等が不正使用されたことにより、加入者が被る損害

 

不正引き落としは流石に大問題なので何かしらの対応をするのでしょうが、必ずしも損害を補償するという保証はありません。こういう被害に実際に遭われて会社が対応してくれないケースは実際あるみたいですから水戸黄門の印籠じゃないですけど、いざという時のために備えるというのも手ですね。