記事

cancelkorea review

(1) Bella Poarchというフィリピン人女性(フォロワー2.3万人)が腕にタトゥーを入れたと画像を公開。
韓国人が即座に「戦犯旗だ」と発狂し猛抗議し、Bella Poarchが謝罪

A Filipino woman named Bella Poarch (with 23,000 followers) published an image of a tattoo on her arm.
Koreans immediately protested, calling it a “war criminal flag” and Bella Poarch apologized.

 

 

(2) 謝罪後も多数の韓国人が「猿野郎」「無教養な後進国民」「フィリピン人=チビ」「肌が浅黒いブサイク土人」
だのなんだのと大量のヘイトスピーチを浴びせまくる

Even after the apology, many Koreans are still “monkeys,” “illiterate backward people,” “Filipinos = little people,” “dark-skinned ugly dirtbags.
I’m going to go around spouting a lot of hate speech.

 

 

(3) フィリピン人が激怒し#cancelkoreaが21時間以上トレンド1位~3位をキープ。
#ApologizeToFilipinosがトレンド2位。 現地メディアも続々報道

Filipinos are outraged and #cancelkorea has been trending #1-3 for over 21 hours.
#ApologizeToFilipinos is trending #2. Local media continues to report on this.

 

 

(4)各国でもトレンド入り

フィリピン   トレンド1位
カナダ     トレンド4位
世界      トレンド5位
プエルトリコ  トレンド6位
シンガポール トレンド7位
アメリカ    トレンド9位
ベラルーシ  トレンド11位
UAE      トレンド35位

It’s trending in many countries.

Philippines Trend #1
Canada Trend #4
World Trend #5
Puerto Rico, trend #6.
Singapore Trend #7
U.S. Trend #9
Belarusian trend #11
UAE trend #35

 

 

ライジングサン旗が問題になった時の手法として脅すというのがありますが、大体その前にユーザーが炎上を起こします。

今回も炎上が起きたわけですがいつもと違う点は韓国ユーザーがフィリピンという国を軽視していた点に尽きます。

いつもはこういうことを言うと逆に大変なことになると理性が働いて差別的な発言を自制するのでしょうが、今回は自制が難しかったようです。

そもそもライジングサン旗は現在も陸上自衛隊・自衛隊旗、海上自衛隊で自衛艦旗として使用されています。

よくライジングサン旗はハーケンクロイツと同義だと言われますがそれは間違っています。第二次世界大戦後、世界中でハーケンクロイツ(ナチス党章)が普遍的に使われないのと同じように、大政翼賛会のロゴマークも使われていません。

つまり、言いがかりにすぎないし、法的拘束力もないのです。国際法上問題がないのだから当然です。倫理的道徳的観点から見ても何も逸脱していることはなく、むしろ逸脱しているのは旗に対しての過剰な反応であり、その旗を目にしただけで簡単に人種差別をする方なのです。勝手に違法なものにしないでほしいというのが日本の立場です。

それはあくまで日本の立場であります。今回タトゥーを入れた彼女は謝罪をしましたが一部のユーザーは人種差別をやめませんでした。どの国だろうがどの人種だろうがどういう理由だろうが全体として捉える価値観は危険です。人種差別はその国を、その人種を否定する行為です。
日本は否定されることに慣れてしまいましたが今回の反応が正常な反応だと私は思います。

 

 

One of the methods used when the Rising Sun flag is an issue is to threaten it, but usually the user causes the flames before that.

This time too, the only thing different was the disregard for the country of the Philippines by Korean users.

Normally people would think that saying such a thing would cause a lot of trouble, but this time it seemed to be difficult to restrain themselves.

To begin with, the rising sun flag is still used by the Ground Self-Defense Force and the Maritime Self-Defense Force as the flag of the self-defense ships.

It is often said that the rising sun flag is synonymous with the Harken Kreuz, but this is not true. Just as the Harkenkreuz (Nazi Party emblem) is not universally used around the world after World War II, neither is the logo of a major political party.

In other words, it’s nothing more than an accusation, and it’s not legally binding. It’s not surprising, since there is no problem in international law. There is nothing deviant from an ethical or moral standpoint, rather it is the overreaction to the flag that is deviant, and the one who is easily racist at the mere sight of that flag. Japan’s position is that they should not make it illegal on their own.

That is the position of Japan. The woman who got the tattoo apologized, but some users did not stop being racist. It doesn’t matter what country or race you are from, or what the reason is, it’s dangerous to see it as a whole. Racism is an act of denial of a country, of a race.
Japan has become so used to being in denial that I think this is a normal reaction.