記事

NHK 未契約者の個人情報紹介要求へ

NHKは受信料の不払い対策として、受信契約を結んでいない世帯の居住者の氏名や、転居があった場合は転居先などの個人情報を照会できるよう制度改正を求めました。

 

受信契約についてNHKの見解

このところ、「NHKを見なければ受信契約はしなくていい、受信料は 支払わなくてもいい」と発言する人たちがいます。放送法や受信規約では、 NHKの放送を受信できる設備をお持ちの方は、受信契約を結び、受信料 をお支払いいただくことが定められています。受信設備があるにも関わら ず、受信契約をしないことは法律を守っていないことになり、「受信料を 支払わなくてもいい」と公然と言うことは、法律違反を勧めることになり ます。

NHKは、受信料をお支払いいただいているみなさまの不公平感を解消 していくためにも、受信料制度や受信料の公平負担について、誤った認識 を広めるような行為や発言に対しては、きちんと対応してまいります。N HKは放送法や受信規約にのっとって適切に業務を行っており、明らかな 違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります。

 

NHKだけが映らないテレビ 契約義務なし

 

 

もう本当に見たくないのなら解約してみるのもいいかもしれない

 

テレビ等の受信機(以下、「受信機」といいます。)を設置した住居にどなたも居住しなくなる場合や、廃棄、故障などにより、受信契約の対象となる受信機がすべてなくなった場合は、受信契約は解約の対象となります。

〔解約の主な事由〕

  • (1)受信機を設置した住居にどなたも居住しなくなる場合
    ・2つの世帯が1つになる場合※
    ・世帯消滅
    ・海外転居   など
    ※一人暮らしの解消、単身赴任の解消など、2つの世帯が1つになる場合は、いずれか一方の受信契約が解約の対象となります。
  • (2)廃棄、故障などにより、受信契約の対象となる受信機がすべてなくなった場合
    ・受信機の撤去
    ・受信機の故障
    ・受信機の譲渡 など

 

契約をして不払いをお勧めしている方もおりますがPCだけで十分みたいなところがありますし、今回問題視されているように契約して不払いをした挙句が個人情報流出ならデメリットもデメリットマイナスもマイナスですからそこまで戦わなくてもいいのかなと思うところです。どうしてもテレビが見たいというのであれば仕方ないのですが・・・・・・

 

ネットの声

「スクランブルにした方が早い」

「テレビを捨てよう」

「NHKの役割は終わったし存在意義も無い。無くても国民は困らない。
現実に民放化して意味不明になっている。
解散手続きに入るべき」

「明らかに個人情報の不正取得だろ。
個人資産たるテレビを持っていようがいまいがTV局に介入される筋合いはない」