記事

Xperia 5 II 海外で人気の理由を調べてみた

Xperia 5 II

本機種はXperia 5の後継機種として2020年9月に発表された。Xperia 1 IIに搭載された機能の多くをそのままに、一回り小さい6.1インチのディスプレイを搭載したコンパクトなボディとなっている。バッテリーは、3140mAhだったXperia 5から大幅に増量し4000mAhとなっているが、プリント基板を2階建て構造にするなどして本体は0.2mm薄型化している。

ディスプレイはXperiaシリーズ初となる120Hz駆動の有機ELを採用しており、フレーム間に黒画像を挿入することで240Hz相当の駆動を実現している。カメラはXperia 1 IIと共通であるが、3D iToFセンサーは搭載されていない。また、スマートフォンでは世界初となる4K HDR 120コマ/秒スローモーション撮影にも対応する。長押しでGoogle アシスタントを呼び出せる「Googleアシスタントボタン」を初搭載している。

オススメ動画(海外動画)

 

海外でXperia 5 IIが評価されている理由はいくつかあり、カメラや動画機能の評価もかなり高いですが一番の理由としては音質の良さが挙げられると思います。手持ちの有線ヘッドフォンでも十分楽しめますが、ハイレゾ対応なのでハイレゾ対応のヘッドホンを購入することをオススメします。臨場感が全然違います。

音楽が大好きな方はもちろん、特にゲームをされている方や、映画・動画が大好きという方にオススメしたいですね。

 

海外ユーザーのレビュー

良いポイント

デバイスは超高速です
* メインカメラは優れた性能を発揮し、対応するアプリケーションでProモードを搭載しています。
* 6.5インチの4K HDR有機ELスクリーンが美しい
* ♪ ミニジャックジャックが付いている♪
* 多次元ドルビーアトモススピーカーはしっかりしている
* オペレーティングシステムは、ほぼ純正に近いAndroid体験を提供します。
* 迅速な更新!

 

悪いポイント

* デバイスは非常に滑りやすい… 背中も画面もそうなので、ソファに座っている間に何度か落ちそうになり、ポケットから滑り出してしまいました。
* 縫い目がどこにでもピッタリフィットするわけではないので、一部の生地は定期的にフワフワの糸くずが付着してしまいます。
* 自撮りカメラがかなり悪い。
* ナイトモードは搭載しておりません。
* バッテリー駆動時間は他のハイエンドモデルと比べて劣ります。
* 指紋スキャナーは60%しか反応しません。

 

「有線イヤフォンで音楽を聴く以外の用途に非常に便利です。ビデオを作成するときに外部マイクを接続できます」

 

「4K OLED 21:9ディスプレイは驚異的です!これで、4Kで撮影し、4Kで撮影したビデオを見ることができます!また、4KのYouTubeコンテンツを見るのは、目を楽しませてくれます。色とディテールは鮮やかですが、正確で実物に忠実です。Samsungなどの彩度の高い偽の色よりも好みです。

Alphaカメラは「メジャーメジャーメジャーGO!」です。スマートフォンで20fpsを撮影することは、最初に自慢するのに良いです。動きの速いオブジェクト、人、動物などを非常に鮮明に、焦点を合わせてキャプチャできることに驚き、嬉しく思います。 Pixelのような他のフラッグシップと比較すると、Mark IIはマニュアルであり、Pixelはオートマチックと言えるでしょう。所有者が素晴らしいドライバーであれば、どちらもうまく運転できます。

メインのカメラアプリは素晴らしい写真を撮ることができますが、PhotoProで次のレベルに引き上げることができます。自分でコントロールするのは楽しいし、素晴らしい写真を撮ることができます。また、CinemaProを使用すると、ビデオ撮影のスキルに磨きをかけ、YouTubeコンテンツ(HR-Vex)を向上させることができます。 Mark IIで映画のような短編映画を作りたい!」

 

 

スペック(重要そうな所まとめ)

本体

サイズ
約68 x 158 x 8.0mm
重さ
約163g
連続通話時間
5G:約1620分
4G LTE(FDD-LTE):約1620分
連続待受時間
5G:約555時間
4G LTE(FDD-LTE):約555時間
4G(AXGP):約530時間
充電時間
約135分(USB Type-C PD対応 ACアダプタ)
バッテリー容量
4000mAh

 

メモリ

ROM
128GB
RAM
8GB
外部メモリカード
microSDXC
外部メモリ容量
最大1TB

 

通信・ネットワーク

最大通信速度(下り)
5G:2.4Gbps
4G:988Mbps
最大通信速度(上り)
5G:103Mbps
4G:46Mbps

 

ディスプレイ

サイズ
約6.1インチ
表示方式
有機EL
解像度
フルHD+(2520×1080ドット)

 

 

カメラ

有効画素数
(メインカメラ)
約1220万画素+1220万画素+1220万画素
有効画素数
(サブカメラ)
約800万画素
ライト
対応
オートフォーカス
対応
手ブレ機能
手ブレ補正
動画最大撮影サイズ
4K(3840×2160ドット)

 

 

その他

おサイフケータイ®
対応
世界対応ケータイ
対応
赤外線通信※13
非対応
生体認証
指紋
ハイレゾ
対応
緊急速報メール
対応
ジュニアスマホ
対応

 

 

テザリング最大10台

防水(IPX5/IPX8)・防塵対応(IP6X) 耐衝撃非対応

  • IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。
  • IPX8とは、常温で水道水の、水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取りだしたときに電話機として機能を有することを意味します。
  • IP6Xとは、直径75µm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れてかくはんさせた後、電話機の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。