記事

アクセルとブレーキのペダル踏み間違い 何故起きる? 対策は?

ペダルの踏み間違いは比較的高齢者の方が起こすミスではありますが、ミスは誰しもが起こしうるという意味では若者・高齢者関係なく全員が気をつけなくてはなりません。ですが、どう気をつけたら良いのでしょう。

コンビニに車が突っ込んだニュースを見ましたが、損害賠償のこととか考えるとマジめちゃくちゃ恐ろしいですよね。本当・・・・・・吐きそう。
これを機会に私も皆さんと一緒に勉強したいと思います。

 

高齢運転者が起こすペダル踏み間違い事故の特徴

・店舗の駐車場やコインパーキングエリア等の駐車場等で事故発生の割合が高い。

・駐車場等で行う運転行動では、発進・直進時の事故割合が高く、高齢になるにつれその割合が高くなる。

・駐車場等における発進・直進時での事故類型は、工作物衝突の構成割合が高い。

・ペダル踏み間違いの人的要因としては、高齢要因に加え、慌て・パニックによる要因が多い。

・事故車両の車齢は、ペダル踏み間違い事故に関与した車両に限らず、事故車両の多くは初度登録から10 年以上経過した車両での構成割合が高い。

 

改めて特徴を確認するとなんていうか、MTからATにシフトしたところや、過信のようなところからミスの誘発性のようなものを感じるのですが、正直ピンときません。それは恐らく車の運転そのものを軽視しているからなのでしょうね。数々の恐ろしいニュースを目撃しながらも自分は大丈夫だと言い聞かせないと前進出来ない所も多少あるのですが、やはり悲観した方がちょうど良いのかもしれないです。そうすることでしか防ぎたい気持ちは高まらない気がしています。

 

 

ペダル踏み間違い時加速制御装置をつけよう

イエローハットでペダル踏み間違い急発進等抑制装置をつけましょう。話はそれからです。本来であれば高齢の方にオススメするべきなのでしょうが、この記事を見た若者に特にオススメしたいです。絶対につけてほしいです。

 

S-DRIVE 誤発進防止システム2とは?

アクセルとブレーキの踏み間違いによる誤発進を回避し、安心・安全をサポートするアイテムです。低速時のアクセルペダル急踏みやベタ踏みの誤作動に対して、アクセルのセンサーを制御し、急発進を抑止します。

作動するとどうなるの?

発進時や加速時では8km/h以下、減速時では16km/h以下の速度である時、一定以上※にアクセルを踏んだ時に作動します。
作動すると、アクセル信号がキャンセルされアイドリング状態となり、加速が抑制されます。また車内に設置した本体にランプとブザーで作動中である事を警告します。
※一定のアクセル開度、または初期設定で記憶させた急な踏込み相当の踏込みの事。

作動後、どうやって解除するの?

アクセルオフの状態で、車両が停止して一定時間経過した場合と、アクセルオフの状態で車内に設置した本体の切替スイッチをオフにした時に解除されます。

 

 

姿勢が影響することも?

参考動画

トヨタのこの動画は絶対見てください(強制)基本的なことではありますが、なんか現実的と言いますか、事故の特徴よりピンときました。

 

 

その他の対策

クリープ現象の活用

駐車場等での運転は、限られたスペースの中で、一般的に低速域で走行するも のと考えられる。AT 車では、発進時また直進時においてもブレーキペダルに足を載せた状態で、状況に 応じてできる限り車両のクリープ現象を活用した運転を取り入れていくことが効果的であると考える。

 

運転操作の再確認

高齢運転者は、身体能力や体の柔軟性が低下することにより、体が思うように動かず、意図しないところで操作ミスをしてしまうことも考えられる。個々の運転者に合ったシートポジションを取り、運転 操作に無理のない、正しい運転姿勢を取ることが大切である。高齢運転者は、自らの運転動作に誤った 傾向がないか、ペダルを踏む足の位置を確認する等、確実に正確な運転を行うための安全な意識を持つ ことが必要であるといえる。