記事

コストコのシーアスパラガスをパスタサラダにして食べてみた 

シーアスパラガスとは

アッケシソウ(厚岸草、学名Salicornia europaea)はヒユ科に属する一年性草本で、世界的にはヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの寒帯地域に広範囲に分布する。潮汐の干満に規定される、平均冠水位から満潮水位の間の海に接する陸地や内陸に発達する塩湿地に生育する塩生植物である。

アッケシソウは葉と茎が食用となり、イギリスをはじめとするヨーロッパで野菜として利用される。塩味があり、そのままゆでて食べるのが一般的であり、近年では日本でも流通することがある。海外ではサムファイアーSamphire(英)、パスピエールPasse Pierre(仏)、ゼークラルZeekraal(蘭)などと呼ばれるが、アスパラガスと形がやや似ていて利用法が同じため、シーアスパラガスの名もある。シービーンズ(Sea beans)やシーピクルス(Sea pickles)と呼ばれる事もある。

 

参考動画

 

 

クセが微妙に凄い気がしないでもない・・・・・・(けっこうするかも)

本日ラディッシュと一緒にシーアスパラガスという野菜?を買ってみました。

食べてみてすぐ思ったのが『イスラエル感すごい』です。な〜んかイスラエルって感じなのよねぇ。フレッシュじゃないのは仕方ないにせよとにかく風味が信用できないっていうか胡散臭いっていうか(苦笑い)シーアスパラガスって本当にこういうもんなの?!みたいな感じがすごいします。なんつって本当にこういうやつだったらどうしましょう・・・・・・

シーアスパラガスのイスラエル産じゃないやつを食べたことがないしシーアスパラガスを採って食べたことがないので言いがかりや、いちゃもんに過ぎないのかもしれませんが私のように海外のレビューでイスラエル産を残念がっている人がいました(笑)わかってくれる人はわかってくれるかもしれないです。

なんだったかな、野菜?オクラだったかな?フルーツだったかな?ちょっと忘れましたがイスラエル産って独特なんですよ(変な先入観のせいも結構あるのは多少仕方ないとは思う)

このままだと色々とまずいので美味しく食べれる方法を真剣に探してパスタサラダにしましたが正解でした。ガーリック醤油味のパスタドレッシングを多めにかけていただきました。シーアスパラガスを感じられましたし、かなり美味しかったです。でもシーアスパラガスのせいでちょっとしょっぱかったかな。

シーアスパラガスは塩気があるので好みは別れるでしょうが、もし私と同じように、ちょっとビミョーだなと思ったらちょっとしょっぱいかもですが味が濃いソースをかけることをオススメします。チーズ系のドレッシングも良さそうな印象でした。なんだかんだけっこう使えそう。ゴーヤチャンプルーに少量入れるのも良いかもしれないです。

とはいえ過度な期待は禁物です!!ゴーヤ普通に食べれる私でもちょっと、ん?ってなるくらいですからゴーヤのように慣れが必要な方もいるかもしれない・・・・・・

なんか不思議なんですよねすっごいビミョーな味です。例えられる野菜がマジで思い当たらない。ゴーヤだとめちゃくちゃ大げさなんだよなぁ。

食べ物だとなんだろう。マジで同じくらいっていうのが出てこない奇跡。味は胸をはってオススメはできませんが、そういう奇跡を体感したい人にオススメしたいですね。勿論私の好みによるところが大きいので一概には言えません。それに、美味しいと思っている人もちゃんといますので一度先入観なしで食べてみてください(すみません、もう難しいかもですが 笑)案外イケるかもしれませんよ。

 

 

レビュー(一部翻訳)

「クレソンと大胡を掛け合わせたような感じで、塩味が効いています。味としては、アスパラガスのような味はしません。塩辛いといっても、天然の海塩だからか、邪魔にならず、むしろ心地よい」

 

「この可愛い多肉植物を他にどうやって使うか考え始めました。そして、フリッタータが誕生したのです。
ソテーにもピザにもスープにも卵料理にも良いし これはフリッタータにも合うわよ」

 

「手に入りやすく、収穫しやすい海の野菜で、海のような塩気があります。 サラダやパスタ、白ワインムール貝の蒸し煮などの添え物に最適です。 少量でも十分楽しめます。シーアスパラガス(またはシービーンズ)は、歯ごたえがあり、栄養価が高く、塩辛い」

 

 

栄養

「ビタミンA、ビタミンB、特にビタミンB2が多く含まれているので、多くのエネルギーを摂取することができる」と海洋アグリフューチャー社のWenhao Sun氏は言います。

また葉酸が摂れて、非常に胃および皮膚のためによい。ビタミンB9は膨大な量があります。
この水耕栽培された海の野菜は、あなたの肝臓を解毒し、筋肉機能を改善するのに役立ちます。また、TMGと呼ばれる成分も含まれています。