記事

大統領選2020 郵便投票 ネットの反応 postal voting review

郵便投票とは

郵便投票があり、投票選挙投票用紙がでた人に投票する選挙人とは対照的に、郵便で有権者に配布(通常は返却)されている投票所または電子的に経由して電子投票システム。

2015年ルクセンブルク憲法国民投票の郵便投票に関する投票用紙およびその他の文書

特定の選挙では、郵便投票はオンデマンドで利用できる場合もあれば、指定された投票所に移動できないことが証明されているなど、特定の基準を満たす個人に限定される場合もあります。ほとんどの選挙人は郵便投票を申請する必要がありますが、デフォルトで郵便投票を受け取る選挙人もいます。一部の選挙では、郵便投票が許可されている唯一の投票方法であり、全郵便投票と呼ばれます。これらの選挙を除いて、郵便投票は期日前投票の一形態を構成し、不在者投票と見なされる場合があります。

通常、郵便投票は、予定されている選挙日の前に郵送する必要があります。ただし、一部の法域では、返送方法により、安全なドロップボックスまたは投票センターを介して直接投票用紙を投下できる場合があります。郵便投票は、手作業で処理するか、スキャンして電子的にカウントすることができます。郵便投票の歴史は19世紀にまでさかのぼり、現代の手続きと利用可能性は管轄によって異なります。米国に焦点を当て、郵便投票が広く利用できる州(カリフォルニア、オレゴン、ワシントン)のデータを使用した調査によると、郵便投票が利用できると投票率が上がる傾向があります。

選挙法は通常、投票者の不正から保護し、提出された投票の完全性と機密性を維持できるようにするための一連のチェックを規定しています。既知の詐欺の事例は非常にまれです。多数の利害関係者(役人、政治運営者、ジャーナリストなど)だけでなく、有能な多数の学者やアナリストがいるため、郵便投票による協調的で大規模な詐欺は、検出されずに実行するのは難しいでしょう。大規模な詐欺を意味する投票総数の統計的外れ値を検出する方法。職員は、署名を確認し、基本的な探偵作業を行うことで、詐欺の事例を確認できます。

 

なぜ今11月の計画を開始する必要があるのかについて

 

2020年の郵便投票について

2020年4月、コロナウイルスのパンデミックの封鎖中に、NBC News / Wall Street Journalの世論調査では、アメリカの有権者の58%が、誰もが郵送で投票できるようにする全国的な選挙改革を支持することがわかりました。 2020年11月の大統領選挙では、コロナウイルスの流行により、多くの場所で郵便投票が好ましい投票方法になると予想されています。2016年の選挙での郵便投票の長い歴史と多数の郵便投票にもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領は2020年の選挙での未承諾の郵送投票の完全性に疑問を投げかけました。郵便投票が広範な不正選挙を可能にするというトランプの主張を裏付ける証拠はほとんどありません。また、コロラド、ハワイ、オレゴン、ユタ、ワシントンの5つの州では、ほぼ完全に郵送で選挙が行われている。

 

ネットの反応(一部翻訳)

「全国選挙、州選挙、地方選挙のいずれであっても、その日の学校内またはどこでも投票することができます。また、メールで投票することもできます。 州によっては、フリー封筒にプリペイド切手が印刷されている用紙が郵送されることもあります。 また、メール投票用紙に電話をかけたり、書き込んだりすることもできます。それはうまくいくし、私たちは有権者の不正行為に関して大きな問題を抱えたこともない」

 

「私はワシントンに住んでいて、郵便で投票したことがあります。 他の州がそんなに大騒ぎしているなんて信じられない」

 

「カイジのチンチロかよ」

 

「ネバダってバイデン優勢じゃなかったか?なんでこんなことする必要が?」

 

「やはりこのシステム欠陥なのでは?」

 

「無茶苦茶だなどこの土人国家だよ」

 

「開票が始まって結果も公表され始めてるのに投票を受け付けるのはどうかと思うが
向こうでは違うんかね」