記事

バイデン氏「我々はアメリカ史上、かつてない最大規模の不正投票組織を設立した」陰謀?

ツイッターで “最大規模の不正投票組織”が話題に

 

「「単に言い間違えたのだろう」と笑っていたバイデン発言がクローズアップ。例の「我々はかつてない最大規模の不正投票組織を設立した」とのご覧の発言だ。支持者は唖然として沈黙。だが言い間違いでなく「実際に何かある」とトランプ陣営は調査・警戒していた。法廷ではこの映像も話題を呼ぶだろう」

 

法廷闘争は内部告発が鍵を握る。バイデン氏が吐露した「かつてない最大規模不正投票組織」なら必ず良心の呵責に耐えかねた内部告発者が出てくる。その証言が具体的で細部にわたるものであれば国全体が揺らぐ。そこまでトランプ陣営が攻勢をかけられるか否か。大統領選第2ラウンドのゴングが鳴る

 

「突如13満票を超える票が入り、トランプ氏は0という統計学上から見ても常識で考えてあり得ない票の伸び その証拠となるべき、発言を 痴呆のバイデン氏が自ら発言」

 

「トランプへの投票用紙が捨てられる(ペンシルベニア、アリゾナ)

あらかじめバイデンにマーク済みの投票用紙が配られる(ペンシルベニア、アリゾナ)

トランプの名前が二箇所あって両方マークすると無効になる投票用紙(ペンシルベニア)」

30万枚の投票用紙が行方不明(フロリダ)

集計機で読み取れないペンを共和党支持者に渡す人が現れる(フロリダ)

投票率292%(ウィスコンシン)

許可証を持った投票所監視委員が投票所に入れない(ペンシルベニア)

深夜に突如選挙監視委員を家に帰し、その後も開票作業を続ける(ジョージア)」

 

怪しい票の動き