記事

21 Lessons review

21 Lessons

21 Lessons を読みたいけれども、読むのが面倒という方に向けて21のテーマから面白い話を簡単に紹介しようと思います。

第2章 移民  文化にも良し悪しがあるかもしれない

 

グローバル化のおかげで世界中の文化の差が縮小したが、同時に、外国人と出会って彼らの風変わりなところに度を失うこともずっと多くなった。

移民

多種多様な文化それぞれの宗教観念を統合できないように、移民の良し悪しを決定することはできません。
それでも、日本のように国が回らなくなるほどの致命的な人口減少が起こる国は移民を頼るしかないのです。頼るしかないというのは他に選択肢がないという意味ではなく、移民の可能性を信じているからです。
日本や海外のニュースを見て本当に信頼できるのか疑問に思う方もいるでしょう。最近の例を挙げますと
韓国外交部、対日外交強化予算12億ウォン→51億ウォン…日本現地で世論戦

韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使は韓日記者交流プログラムで東京を訪れた韓国の記者団と懇談し、このところ両国間の雰囲気が大きく変わったとしながらも、日本国内の嫌韓・反韓世論が最大の問題だと指摘し、この問題の解決に力を入れる方針を明らかにしました。南氏は反韓感情の解消に向け、来年の外交部予算を対日広報外交に重点配分したと説明。「日本社会に全方位的にくい込む必要がある」とし、まず日本の世論を主導する財界やマスコミなどを攻略する計画だと述べました。

このようなニュースがありました。
要するに日本のメディアや活動家に金を払って韓国の良い部分の報道を極端に強めたり、悪い部分の報道を極端に控えたりなど、そのような印象操作・プロパガンダを積極的に行うことを示唆しているのです。このニュースと移民の問題を同列の問題として扱うのは間違っているかもしれませんが、文化にも良し悪しがあるという観点から見たときに本当に良し悪しがあるかもしれないと思うのは私だけでしょうか。

他国にきて自国の文化や考え方や、ましてやメディアを操作するというのは信頼や友好を度外視した行いそのもので、私のような考えを持っている人と、操作をする人のギャップをどう埋め合わせするのだろうと甚だ疑問で仕方がありません。

ギャップの埋め合わせ

移民の問題はどちらも相手の言い分に耳を貸さない怒鳴り合いに落ちてしまうことが多いので、論点を明確にするのは移民を3つの基本的な条件を伴う取り決めとみなすといいかもしれないとこの本は言っています。
条件1 受け容れ国は移民を入国させる
条件2 移民はその見返りとして、たとえ自分の伝統的な規範(判断・評価・行為などの、拠(よ)るべき規則・規準)
や価値観の一部を捨てることになっても、受け容れ国の少なくとも基本的規範と価値観だけは採用する。
条件3 移民は十分同化したらやがて受け容れ国の対等で歴とした成員となる。

例に挙げた問題も移民の問題も、他国の文化に深く関わる以上、フェアーであるべきだと思うのです。移民という立場を逆手に取り、要求を強めたりその国の規範や価値観から逸脱した行いをしたり、そういったことのどこから信頼や友好という類の感情が芽生えるのでしょうか。移民を否定したり、あるいは敬意を抱けとは言えませんが(外国人実習生問題など受け容れ先の問題もあるため)受け容れることを受け容れて欲しいと言いますか、受け容れ先にも受け容れ先の文化があるという認識を持って欲しいものです。

 

終わりに

これからますます移民の方の数が増えていく中で、もう少し具体的な規範を明確にしたほうがいい気がします。特に倫理観ですとか道徳的価値観は国や宗教によって様々ですので、法律以外のところにも目を向けていただきたいです。それは差別ではなく対等でありたい、信頼したいという願いからそのように思うところなのです。