記事

今井ゆうぞうさん 脳内出血 脳出血の対策とは

NHK「おかあさんといっしょ」で08年3月まで5年間“10代目うたのおにいさん”を務めた歌手で俳優の今井ゆうぞうさんが21日、 のため亡くなった。

同じ徳島出身のシンガーソングライター・KEiが自身のツイッターで27日に公表。

 

今井ゆうぞうさん

今井 ゆうぞう(いまい ゆうぞう、本名:今井 雄三(読み方同じ)。1977年(昭和52年)4月22日 -2020年(令和2年)12月21日 )は日本の歌手、俳優。 徳島県三好市出身。身長170cm、血液型はO型。特技:阿波踊り・ダンス全般・乗馬。趣味:ドライブ・旅行・カメラ。愛称は「ゆうぞうお兄さん」。はいだしょうこからは「ゆう兄」と呼ばれている。既婚。


スプーの絵描き歌

 

ネットの声

「ゆうぞうお兄さん、早すぎるよ…ご冥福お祈りします」

はいださんと一緒にやっていたゆうぞうお兄さんが今日亡くなったと聞き正直信じられません ご冥福をお祈りいたします

「亡くなったなんて信じられません。ご冥福をお祈りいたします」

「お兄さん、素敵な時間をありがとう。
子供とすごく楽しませていただきました。

今はありがとうしかないです」

 

脳出血

今井ゆうぞうさんのブログに行くと、このように目がかなり赤くなっている画像がアップされておりました。怖いと思うところもあるかと思いますがこうやって症状をアップされたことには意味があると思うので目を背けずにどういう病気でどういう予防・対策ができるのかを調べたいと思います。

 

脳血管障害・脳卒中

脳血管障害(脳卒中)には、脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の血管が破れる脳出血、くも膜下出血があります。いずれも高血圧が最大の原因です。

高血圧が長く続くと、動脈硬化が進行し、やがて脳の血管が詰まって脳梗塞になります。高血圧の程度が強い場合、脳の血管が破れて脳出血になったり、また脳の血管の一部分に動脈瘤ができて破裂してくも膜下出血になります。これらの病気を脳血管障害(脳卒中)といいます。

 

脳梗塞を発生させる危険因子には、高血圧や不整脈(心房細動)、糖尿病、喫煙、肥満などがあります。高くなった血圧や乱れた血流が血管を傷つけて血栓をつくり、血管はしだいに硬くなっていきます。そうしてできた動脈硬化が、脳梗塞を起こします。メタボリックシンドロームも脳梗塞の危険因子の一つです。
脳出血やくも膜下出血の場合は、高血圧、喫煙、飲酒が発生に関連する要因です。脳出血の場合は、コレステロール値の異常低値(低栄養)も発生に関与します。

 

予防・対策

脳卒中の最大の原因は、高血圧です。高血圧の最大の生活習慣要因は、食塩の過剰摂取です。日本人は食塩摂取の多い民族ですので、脳卒中予防のためにまず行うべきことは、減塩です。
また太っていて血圧が高い人は、特定保健指導などを利用して減量すると、血圧が下がる可能性が高いといえます。たばこは、がん、心臓病、脳卒中、COPD(慢性閉塞性肺疾患)のすべてのリスクを高めます。たばこを吸っている人は、やめましょう。大量飲酒も脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の全てのリスクを高くすることがわかっています。
一方、予防につながる食べ物としては、野菜や果物、大豆製品があります。ウォーキングなどの軽い有酸素運動で血流をよくすることも効果的です。そして、高血圧や糖尿病、メタボリックシンドロームを早期発見するために、年に一度は必ず健診を受けましょう。高血圧や糖尿病、心房細動、メタボリックシンドローム、脂質の異常がある人は、保健指導や治療を受けて健康管理を続けてください。

 

ものすごくショックなニュースでした。