記事

風呂場のタイルが不潔そうでキモいとTwitterで話題になる 苦手 不衛生 浴室 タイル

 

 

Twitterでの反応

「わかる・・・」

 

「なんか分かります。 宿泊先で浴槽がタイルの所を見ました。入れませんでした」

 

「めちゃくちゃわかります。温泉好きなんですけど、ちょっとでもこういう感じの床だと爪先歩きになります。座って頭とか洗ってる時も常に爪先しか床に着けない。たぶん、目の前でゴッシゴシ掃除した直後でも無理」

 

わかる…めっちゃわかるんだけど私、タイルを取り扱う会社に勤めててね。今はヒヤッとしないお風呂用のタイルとか水カビとかに対策してる目地材とかもあってね、湿気とか消臭効果あるタイルもあるの❗️

だからみんなタイルを嫌いにならないで💦

 

バズツイのリプ欄から飛んできました! タイルが大好きすぎて、新築で使いたいのに、施工費が高すぎて泣いてます

タイルって昔の家では当たり前にあったのに、最近では高級品なんでしょうか

 

「はじめましてタイル好きな方嬉しいです

使うタイルにもよるんですが施工できる職人さんが少ないんです

下地から作るのにクロスやフローリングより時間がかかってしまうことも工賃が高くなる要因かもしれません

 

 

 

タイルにはタイルの良さがある

レトロな雰囲気

耐久年数

カビに強い

清潔を保ちやすい

など様々なメリットがあります。

今回話題になっているのはあくまでも日本の ”いかにも昭和!” って感じのデザインも何もないタイルですので(語弊がありますし、中には色やデザインが良いやつもちゃんとある)

トルコのやつと比較するのはナンセンスな気がしますが私はプラ製より断然こっちが良いです。ただTwitterのタイルに詳しい人が言うには職人さんが少ないらしい・・・・・・しかも、ここまでのデザインとなると費用は相当な覚悟が必要かもしれないですね。

耐久年数に関しては普通に使っていれば50年以上保つ可能性がかなり高いです。今のプラ製の浴室はタワーマンションのように50年以上保つのか甚だ疑問です。お金持ちの方は浴室の耐久年数なんてどうでも良いことでしょうが、一生住むみたいな方には超重要です。ただ、安くて100万円でリノベーションできてしまうのですからトルコ風タイルデザインを選択しタイルと心中するか、堅実な方を選択するかは好みが大きく分かれそうです(苦笑い)

カビに強い、清潔を保ちやすいというのは、プラ製は一度カビをやると超厄介で表面上は綺麗でもそうでない場合があったり、カビの色がつきやすかったり、根が残りやすかったりします。その点タイルは普段から清潔にしておけば、よほど浴室の環境(ジメジメしているなど)が悪くない限りまずカビは生えません。清掃の頻度でいうとタイルの方が数段劣るのはある程度は仕方ないですけれども、なんかタイルも進化しているみたいなので一概にはいえないのかもしれないです。

私が思うに清潔な人が使う浴室はタイルだろうがプラ製だろうが清潔で、不潔な人が使う浴室はタイルだろうがプラ製だろうが不潔なのだと思います。

 

 

 

プラ製の浴室は時代に逆行している側面もある

浴室が何からできているか

近年、マンションやアパート、戸建ての浴室に普及しているのが、ユニットバスという壁や床、浴槽が一体となったタイプの浴室です。このユニットバスの大半はFRPというガラス繊維強化プラスチックからできています。私たちの身近な生活の中にある一番大きなプラスチック製品は浴室かもしれません。

そんな浴室を賃貸退去後や分譲で売り出す為にリフォームする場合、これまでは浴室ごと交換するのが主流でした。浴室交換工事では隣接する壁なども壊す必要があり、大量の廃棄物が発生します。工期も費用もかかります。

2018年、スターバックスなどプラスチック製ストローの廃止を決定する企業が相次いでいます。海外では国全体でストローなどプラスチック製品を禁止するところも。

オススメ動画

 

 世界が脱プラスチックの流れの中浴室はその流れに逆らっています。でも、浴室だから良いのでしょうか、タイルだから良いのでしょうか、木だから良いのでしょうか。そう考えると頭が痛くなりますけれど、そういう思考停止がひどい状況を生んでいる気がします。どうしようもなくなって初めてどうするか検討するのでは遅いのです。