記事

コスパ最高! お酒がニガテな方にオススメしたい イオンのアイスワイン レビュー2021 デザートワイン マリエンゴールド

デザートワインとは

デザートワイン(dessert wines : AmE / pudding wines : BrE)とは、主に食後に提供される甘口のワインである。

 

アイスワイン

氷結したブドウから造られるワイン。主な国や地域圏のワイン法では、アイスワイン用のブドウを収穫する際の気温は -7℃ を下回るべき旨を定めている。この温度ではブドウ果実に含まれる水分は凍結するが、氷晶の成長と共に糖やその他の溶質が未凍結の部分に追い込まれ、成分が濃縮される。こうして凍結したブドウから搾汁すると濃縮された果汁が得られ、高糖度の環境に適応した特殊な酵母による長時間の発酵を経てアイスワインができる。アイスワインは非常に甘いながらも酸味との均整に秀でる。アイスワインは製造に向けられるブドウの収穫量が非常に少なく、また製造量や可否が気候条件に依る部分が大きく、従って一般に高価である。


氷結したブドウ

 

アイスワインの生産プロセスを人為的に再現したものがクリオ・エクストラクションである。収穫した果実を冷凍庫で凍結させ、同様のプロセスを経て醸造する。甲州のように、繊細ではあるが濃縮感に欠ける品種において効果を発揮する。

少数ではあるが国産でもアイスワインを称する商品が流通している。しかしながら気候的にも天然でアイスワインの条件を満たしつつ、同時に樹木自体に冷害が及ばないという条件を満たすことは困難を極め、人工的に果実を氷結されて醸造する「人工アイスワイン」が基本となる。

極めて一部ではあるが、北海道などでも栽培可能なケルナーを用い、温度管理などの多数の工程を踏むことによって天然のアイスワインを製造した例も存在する。しかしながら、果実を凍結させるまでの手順自体で多数の人の手が介入していることも事実であり、真の意味での国産天然アイスワインは存在しておらず気候の観点から見ても天然環境下での製造は不可能に近い。

 

 

イオンのアイスワインの紹介

商品説明

輝きのある琥珀色、果実の甘味と酸味の凝縮感が際立った、とても高貴な味わいの個性的なワインです。アイスワインは北方の気候状況に栽培が大きく左右される極めてデリケートな環境下での産物です。激しい霜の到来時期がはっきりと判らないため、栽培は常に母なる大地や自然との賭けと言われています。ミネラルや酸が凝縮されたセンセーショナルな味わいを確保するため、ぶどうは凍結した状態で収穫、そして圧搾されます。年によっては十分に確保できない貴重なワインです。

 

レビュー
「初めてのアイスワイン。
ワインが苦手でもおいしかったです。
贈り物として最適だと思います」



「友人にプレゼントしたんですけど、非常に喜ばれました。初めてアイスワインを飲む人にお勧めですね」



「ワインが苦手でも、気に入りました。とろりと甘くて渋さがなく、贅沢なデザートみたいです」



「アイスワインを飲んだことが無い女性が居たのでプレゼントしたところ気に入ってくれたので改めてリピート購入に至った次第です。色々な種類の話もしましたが、この商品をいたく気に入った様子で再度購入に至りました」



「アイスワインらしい濃縮されたトロリ感のある甘口ワイン。
こんなワインが簡単にお手頃価格で購入できるのが嬉しい」

 

本日イオンでマリエンゴールドという見た目がオシャレなワインを購入して映画を見たり、レコードでノイズ音楽を流したり、読書をしたりと優雅なお昼を最大限満喫しました。

このワインは私のように普段あまりお酒を飲まない方やニガテな方に本当にオススメしたいワインです。
度数が8.5なので色々疑う気持ちもわかりますが、このワインは非常に甘みが強いため健康のことを考えたら少量しか飲めません(健康とかいうなら飲まないのが一番なのですが)

一滴でもうベロベロになるという方には正直オススメはできませんが2口3口ぐらいだったら全然平気という方に是非試していただきたいです。15時のおやつの時間に少量飲むのがオススメで飲む前に水を飲んでから飲むと体から出て行くのも早いです。

デザートや青カビチーズと合うようです。私は安物のキャンディー(カリポリ)とブラックペッパーを効かせた生ハムと塩味が効いたナッツを食べました。

どれもよく合っているように感じました。ただ、アイスクリームやパイやケーキは多分1番よく合うのではないでしょうか。合う気しかしなかったです。ハニーチーズトーストとかもヤバそう。今度(多分明日)試したいと思います。

西洋のことわざには、「朝は王様のように、昼は貴族のように、夜は貧者のように食べよ」という教えがあるそうです。私はそのことわざに従って朝ごはんは8時くらいに毎日800キロカロリー近く摂ります。そして最近は昼も夜も貧者のように食べているのが習慣になっています。

 

 

※ここからは健康についての話となります(唐突)

オススメ動画

1回1回の食事を増やして食べる量を減らすという食生活にシフトしてからかなり体調が良くなりました。また、ウォーキングジョギングなど適度に運動をしてカルシウムやタンパク質などの栄養のあるものを食べて1日1.5リットルの水分補給も心がけています(糖尿予防、結石予防、脳梗塞などの予防のため)

健康的な生活について学べば学ぶほどやればやるほどたまにはお酒も飲みたくなってしまうものです。たとえ開封したお酒の多くを廃棄してしまうことになってもそれはそれでもったいないですし良くないことだとは思いますが、車と一緒でたまにはフューエルワンを入れてあげないと気分が上がらないんですよね。
前進するのってやっぱりそういう理屈じゃないようなことからも時にはパワーをもらわないとスピードに影響したり安全面で影響したりする気がします。お酒はガソリン添加剤より断然恩恵が明確ですし、ガソリン添加剤を入れないことで何かに大きく影響するとは思えないのでかなり都合のいい話なんですけれども、それでも自己満足って命に関わるくらい重要な気がしています。色々なことを抑制する日々を過ごす中なんとなくそんな気になっちゃいました。