記事

カメラ初心者や未成年にオススメしたい シグマ SIGMA DP3 Merrill レビュー 使える?使えない? 評価

DP3Merrill

dp2 quattroを買う前に購入を検討したDP3Merrillを紹介します。

DP3Merrillもdp2 quattroのように一眼レフを意識した作りで、世界初のフルスペックコンパクトデジタルカメラです(DPシリーズ)コンパクトで持ち運びがしやすく気軽に使えて、それでいてプリントした時の像質が良かったり、超高画質です。ハイアマユーザーや、アマの方で将来的に一眼を持ちたいのだけれども、いきなりは持ちたくない、練習したいという方にぴったりの入門機だと思います。

よくクセのあるカメラだと耳にしますが、それでもオススメしたい理由は値段もそうですが(中古で5万円ほど)一眼レフ基準の高性能を売りにしているその4600万画素の高画質です。デジタルカメラでこの高画質に加えてコンパクト、値段もお手頃。全てにおいてパーフェクトです。

 

実際に使ってみたところ

とてもデジタルカメラとは思えない使い心地でした。勿論コンパクトですのでデジタルカメラの使用感はあるのですがとても本格的です。三脚での撮影をオススメされる方が多く、あるに越したことはないのですが、シャッター速度を上げてスナップ写真のような感じで気軽に使ってもそれなりに撮れましたので、そういう使い方もオススメです。緑色のノイズが入ることも多々ありますが、満足のいく仕上がりになった時は感動しました。シグマの無料専用ソフトで現像することをオススメします。

 

 

特徴

SIGMA DP3 Merrillのレンズは、専用設計中望遠マクロ(35mm換算75mm相当)レンズです。シグマの技術が詰まった特別なレンズです。最短から無限遠まで高い光学性能。そして被写体の存在感を際立たせ、撮り手の内面を如実に映し出すことができる中望遠マクロのクロップ効果。マクロからポートレイトまでさまざまな対象に深遠さを与えてくれるはずです。

デメリットとしましてはISO 感度を上げることでノイズが発生します。バッテリーの持ちが悪いです。そのほかにも暗い場所でのAF性能に不満があったり(AF性能の問題はブレから来ることから3脚で固定すると解消されます)メモリーの書き込み速度に不満があったりズームができなかったりするのですが大きくはこの2点でしょう。

 

DP3 Merrillもdp2dp2 quattroの記事で説明したことと同様に、作例を参考に設定しますので調節が不安な方や、初心者でも安心です。慣れてきましたら多少の調節は行いますが、作例の設定から大きく数字をいじったりですとかそういったことは撮影環境がめちゃくちゃ整っていない限りないと思います。あまり無責任なことは言えないのですが、それだけ、大きく設定をいじるということは適していないように感じます。高解像度がそうさせるのか、むしろ撮影環境でどうこうなるのか疑問に思うレベルです・・・・・・アマユーザーが疑問に思う必要はないのかもしれませんが。

作例のサイトや公式サイトを参考にすることをオススメします。

 

買った人の声(一部翻訳)

「サマリー
・デザインは武骨
・調整が合致すると解像度の暴力
・手ブレ補正なし
・FLASHAIRは使える
・電池がすぐになくなる
・SDへの書き込みは5秒以上
・暗所が苦手

一言で言うなら解像度一点特化の変態スペックです。

デザインは武骨な黒い箱です。個人的には飾り気がなくて好きなデザインでした。寸法は程よく大きいので握りやすいし構えやすいように感じます。

性能面ではISO F値 シャッタースピードを上手く調整しないと写真がどうなるかを如実に表現してくれます。逆にこれらが決まると解像度の暴力で凄まじい情報量の写真が撮れます。

手ブレ補正もないこのカメラは綺麗な写真を撮るための基本を調べるきっかけになるため、ある意味「初心者向け」のカメラでもあると思いました。

発売日は一昔前であるため、wi-fiによるデータ転送機能はありません。SDHCタイプのFLASHAIRは使えますが、ただでさえ電池残量の減りが早いのにさらに加速します。スマホに送って写真を確認しながら撮影をしていると、50枚も撮れば電池が切れます。幸い、電池は他社と比べて安いです。追加で買っておくのが吉です。

SDへの書き込み速度はJPEG+RAWの保存に5秒以上かかります。書き込み中は勿論、写真を確認することは出来ません。発熱も体感40℃前後までします。

センサーの構造の問題か、ISO400以上はかなりボヤけて写真は見れたものじゃないです。このため、暗所での撮影がかなり苦手なカメラだと感じます。日中に取りたいだけ撮りましょう」

 

 

「ずっと欲しかったので、これを買ったのですが、悪いレビューばかりで後回しにされてしまい、「悪いレビュー」のカメラとしては、当時はかなり高かったので、あまり気にしていませんでした。さて、私は思い切って購入してみました。はい、それは風変わりですが、これはアートカメラであり、それから出てくるものは、驚くほど、シャープで、自然な画像と信じられないほど詳細です 難しい、柔軟性がない、というレビューに惑わされないでください。逆に、私たちが知っていて、愛していて、慣れ親しんでいるカメラとは異なる動作をします」

 

「このカメラを購入し、充電器に関する不具合を解決した数ヶ月後のアップデート。 それはあなたが写真を撮ることについて漠然と真剣にしている場合、それはあなたが所有したり、必要とする唯一のカメラである可能性は低いですが、それは ‘プロだけ’のカメラではありません。それは間違いなく、興味のあるアマチュアのカメラバッグの中に場所を持っています」

 

 

個性的なカメラで個性を磨いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

追記 dp2Quattro review

 

未来の自分へ投資しよう

バイトができるようになり、ある程度お金に余裕が出てきました、そこで、新しい趣味を開拓するということはとても自然な選択でしょう。

しかし、何を趣味にしていいのか迷ったり、わからなかったりするのはそれと同じか、それ以上に自然なことのように感じます。食べるのが趣味、課金ゲーが趣味、ある意味では生きるのに必要な選択なのですから否定はできません。
ただ、将来性のある趣味で自分に投資をしたいと考えたときに、カメラほど手っ取り早く都合のよい趣味は他にないでしょう。スマートフォンを使っている方はスマートフォンでいいじゃんと思われるかもしれませんが、確かにその考えは間違いではないです。それでもカメラを趣味にすることをオススメするのには理由があって、友達や彼女と旅行へ行ったり、家族写真を撮るときなどにサラッと撮ってパッと画像編集をして個性的で本格的な画像を送ったりプリントできたらみんな嬉しいはずです。また、仕事や副業にしたいと思うのも夢があって良いかもしれません。
勿論1人趣味にも向いていて、カメラがあるというだけで凄く活動的になります。ここからさらに活動の幅を広げることだってできちゃいます(素材販売、アートに取り入れたりなど)
カメラに限りませんがめちゃくちゃ凝りだしたら周囲との温度差にギャップが生じそうですが、あくまで趣味の範囲にとどまり、ちゃんと個性的で本格的な写真が撮れる。そんなカメラを紹介したいと思います。

今だから使いたいシグマdp2Quattro

dp2Quattroは2014年に発売されたコンパクトデジタルカメラで、シグマ独自のセンサー(Quattroセンサー)を取り入れたカメラです。
特徴は、デザインと画質です。また、多機能が売りではなく自分の撮った作品と向き合えるような見た目とは裏腹の扱いやすさも特徴の一つです。ただ、マニュアルフォーカスといって、ズーム機能が搭載されていないカメラとなりますのである意味では扱いにくいカメラだと思います。ですが、自分で動いて撮影し、イメージ通りに作品が仕上がったときの感動を初めてカメラを触る人にこそ味わっていただきたいものです。
デザインはご覧頂いた通りかなり特徴的かつ、飽きのこないデザインで、ホールド性があります。このようなデザインになったのは、プロの方やハイアマチュアの方を意識した一眼レフカメラをイメージされたことにあると思います。
実際そのイメージは正しく、多くのハイアマチュアユーザーが所有しているイメージです。
カメラを扱ったことのないユーザーが扱っても大丈夫なの?と思われるかもしれませんが大丈夫です。むしろ扱ったことのないユーザーにこそオススメしたいです。価格も中古で5万円ほどで買えるようになりましたから練習をしたい方にオススメです。
作例を参考にして、シャッタースピード、f値、ISO感度を決めますので設定自体は難しくありません。
設定について簡単にご紹介

● シャッタースピード
1/250というのがシャッタースピードです。(dp2Quattroは1/2000秒~30秒が上限となっています)1/250から下の速度になってくると手ブレの影響が出てきますので三脚を使う場合も使わない場合も参考にしていただきたいと思います。
夜景を撮影する場合や電車のような動きのはやいものを撮る場合にシャッタースピードを遅くしたり、早くしたりする場合もありますが今回は説明を割愛させていただきます。
● F値
F2.8というのがF値です。(dp2Quattroは、下限F2.8~上限F16となっています
これは私が撮った写真ですが、F値2.8で撮影しました。多くの作品はだいたい2.8で撮られている印象です。勿論、撮る場所の明るさや、撮るものを明るく見せたい暗く見せたいなどで調整をしますが、暗い写真を画像編集ソフトを使って明るくしたりもっと暗くしたりしますので画像編集ソフトを使うことも意識して調整する必要があります。自分の好みの調節はある程度限られますのでイメージ通りの作風にすることはそこまで難しくないと思います。ちなみに左の写真は編集なし、右の写真は編集ありです。ビルの部分の彩度を上げてみました。
● ISO感度
ISO100というのがISO感度です(下限ISO100~上限ISO6400となっています)
多くの作品のISO感度は100で設定されています。それには理由があって、感度が低い方がノイズが少なく、感度が高い方がよりノイズが発生するからです。夜景を撮影するときや、暗い場所で撮影するときに調整しますが、このカメラは夜景撮影を売りにしているカメラではありませんので夜景撮影を売りにしているカメラに比べると数段劣ることは覚悟した方がよろしいでしょう。

 

画質についてですが、無料でダウンロードできる専用のソフトを使って編集することをオススメします。また、その編集した画像を別の有料ソフトで編集することもオススメします(お金や時間に余裕があったらですが)そうすることで、より自分のイメージした作品に仕上がるはずです。下の写真は以前地元のコンテストに応募して展示された作品です。いいポイントで高画質の写真が撮れ、高度な編集ができるというのはアマユーザーにとってどれほどありがたいことか・・・・・・
もっと詳しく勉強したい方はYouTubeでilkoallexandroffさんの動画や、『カメラ 設定』で検索してみましょう。イルコさんの動画は一眼レフの設定ですがカメラの勉強をするのにはうってつけです。プロユーザーの方はなかなか自分の知識をここまで具体的に説明しようとはしない気がしているのでイルコさんのような方はハイアマユーザーや、これからカメラを始めようとする人にとっても大変貴重な存在だと思います。