記事

シティポップについて レビュー

シティポップを知る

日本のポップミュージックは海外からあまり注目されていませんでした。しかし、ファンは日本の音楽について古くて曖昧なものを発掘し、バブル時代のマイナーなレコードを価値の高い存在に変えました。

実際私は、父親がたまたま80年代の洋楽(マドンナ、シンディローパー、カイリーミノーグ)を聴いていたからある程度その年代の邦楽も聴いていたのですが、その当時生まれていない方が探すとなると容易ではありませんし、存在すら気付けないレベルだと思います。ですのでこのリバイバルブームは物凄い貴重なムーブメントであると言えるのではないでしょうか。

 

ラジオやYouTube

 

ラジオやYouTubeのおかげでアメリカの方に周知され、日本やそのほかの国でも周知されるようになりました。

アメリカから見た日本のリスナーがシティポップを発見する最も一般的な方法は、原始的とまでは言えないものの、奇妙に映るかもしれません。それだけ、レコードストアでCDを購入するということは一般的ではないようです。CDが君臨している日本では、良くも悪くもCD ショップの試聴機が健在です。
1970年代後半から80年代初期の都市ポップクラシックを海外の方が探すのは、1つの選択肢として考えた時、ある意味では容易と言えるのではないでしょうか(必ずしもそうとは言い切れませんが・・・・・・)ですので私的にはこの文化は海外の方が思うようなマイナス的な印象は必ずしも抱く必要はないのかな、と思いたいところです。

山下達郎、大滝詠一、竹内まりや、大貫妙子。 主に日本語で歌われていますが、シティポップは、その時代のさまざまなタイプのアメリカ音楽(AOR、ヨットロック、ブギー、ジャズフュージョン)から引き出され、細心の演奏とプロダクションでそれらを結び付けます。

演奏が上手いプレーヤーを選りすぐった経緯があり、恐らくその経緯がなければここまで評価されなかったと確信しています。実際、海外のアーティストと引けを取らないハイクオリティの曲の数々は、その当時を知るものからその当時を知らない若い方まで、多くのユーザーを魅了させました。

 

 

「アンリ、竹内まりや、中原芽衣子、松原美希、山下達郎など、80年代の日本のアーティストの演奏が始まった瞬間、気分が上がります」「くそー、私たちはこの80年代の日本の音楽すべて、眠らせていた方法を知りたい」「私たちのすべての親は聞いたものに懐かしさを感じ、振り返ります。同時に、死んだ日本人を振り返る西洋人の世代が存在します。 なんて不思議な世界」

 

など、海外の方のレビューを見ていると、とても感動と言いますか当時を知らない私でも涙が出てきそうなレベルの愛を感じます。

 

終わりに

竹内まりやさんが紅白に出ます。シティポップに興味を持たれた方はこの機会に昔の曲や、山下達郎さんの曲を聞くことをオススメします。YouTubeで探すと類似の曲も見つけやすいでしょう。

 

オススメの曲はこちらです。

 

 

 

竹内まりやさんの曲は元気を出してやシングル・アゲインなどもオススメですが、今回はシティポップの紹介ですのでプラスティックラブをオススメします。