記事

虫歯菌にはグルコン酸クロルヘキシジンが効く コンクールF 口腔ケア 虫歯予防 鬱

グルコン酸クロルヘキシジンとは

クロルヘキシジンChlorhexidine)は医薬用殺菌薬で、グルコン酸塩、あるいは塩酸塩、酢酸塩として用いられる。

薬用洗口液などに添加され、歯肉炎などの歯周病を軽減・予防する効果があるとされる。ただし、エタノールを添加した製剤が多いため、洗口剤には適さないものもある。

医療用医薬品としては、グルコン酸塩のものが繁用されている。

比較的細菌類の不活性時間が長く、主に手術野の皮膚の消毒や手術前の手指消毒に使用されることが多い。通常、人体粘膜への使用は可能とされているが、過去にアナフィラキシーショックを起こした事例があるため、日本では結膜嚢以外の粘膜への使用は禁忌扱いとなっている。

(結膜嚢への使用はエタノールを含有しない無色の0.02%製剤及び20%製剤(前者は製剤のまま、後者は0.02%濃度に希釈して使用)のみ適用がある。)しかし、アメリカでは粘膜に使用される第一選択薬となっている。代表的な製剤としてはヒビテン、マスキン、ヒビスコールなどが挙げられる。

アレルギーや過敏症のためエタノールを使うことのできない場合の手指消毒には、以下の製剤を用いる。

  • 0.1~0.5%クロルヘキシジングルコン酸塩液
  • 4%クロルヘキシジングルコン酸塩スクラブoo

 

 

効果・効能

ムシ歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、
歯槽膿漏の予防、口臭の防止。

 

副作用

/舌の汚れ、歯石の増加、/喉の炎症、口渇、食べ物/飲み物の味の変化が発生する可能性があります。これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、直ちに医師または薬剤師に伝えてください。

口の表面の汚れを減らすには歯磨き粉で1日3回ブラッシングし、汚れた部分をさらにブラッシングします。

「歯石コントロール」歯磨き粉と電動歯ブラシの使用がより効果的かもしれません。歯のクリーニング/歯石の除去については、少なくとも6か月ごとに歯科医に相談してください歯科治療(クラウンやベニアなど)で発生する可能性のあるこの薬の染みは、通常、歯科医/衛生士のみが取り除くことができます。続い食品の味は、最初に食べる方法に影響、減少するために、歯のブラッシング、その後クロルヘキシジンリンスを。

あなたの医者/歯科医があなたへの利益が副作用のリスクよりも大きいと判断したので、あなたの医者/歯科医がこの薬を処方したことを覚えておいてください。この薬を使用している多くの人々は深刻な副作用を持っていません。

この薬に対する非常に深刻なアレルギー反応はまれです。ただし、口や皮膚の発疹、かゆみ/腫れ(特に顔/舌/喉)、重度のめまい、呼吸困難などの深刻なアレルギー反応の症状に気付いた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

これは、起こりうる副作用の完全なリストではありません。上記に記載されていない他の影響に気付いた場合は、医師または薬剤師に連絡してください。

 

 

コンクールFは虫歯予防に有効ですが、私はそれよりも有効だと思うケア方法をnoteで紹介することにしました。料金は500で、本当に必要とされている方にぜひ読んでいただきたいと思いこの値段設定にしました。

歯のケアで鬱になっているような方にお勧めです。

 

https://note.com/nas__/n/na6e3c03c5ddf

ABOUT ME
アバター
nasker
若い方を対象としたユニークな個人運営のレビューブログです。アニメからゴシップまで様々な内容の記事を更新しています。 公募活動や趣味と並行してブログをするのが目標でしたが最近はどちらも更新頻度が低いです。 noteで虫歯予防に関する記事を公開中。 https://note.com/nas__/n/na6e3c03c5ddf