記事

無印メシ レビュー

無印の力を借りよう

仕事が忙しく料理を作る時間が惜しい、自分で作るとマズイから外食が多いなど、いろいろな理由から、料理は面倒だと思われる方がいらっしゃるかと思います。安心してください無印がありますよ。

 

本物を加えればいい

語弊がありますし、無印の食品を疑っているわけではありませんが、フレッシュな食材を加えるだけで満足感は容易に上がります。

今回作るのはチーズパスタで、使用するチーズはブルーチーズです。ブルーチーズが苦手な方は他のチーズでも問題ありません。今回は100gと量は多めです。
少量から調整されますと自分の好みに合わせることができますので、少々面倒ですが心がけていただきたいと思います。ここを面倒臭がって全量ぶち込むと自分の好みに合わない可能性大ですから。

 

作り方はもう本当にシンプルでベーコンに火を通して

チーズ類を全部フライパンに入れ、溶けるまで熱します。そこに茹でたパスタを加えて全体にチーズを絡めたら完成です。お好みで卵黄を乗せていただきましょう。

のような感じで無印の食品に合わせて食材を加えていただくと作った感が出ますし、なんなら自分で作ったって言っていいレベルだと思うんですよね。同居人がいるなら証拠の隠滅はしづらいでしょうが・・・・・・
また、セロリやキノコなど、もう一品加えると美味しさの幅が広がるのでオススメです。塩味が強いですので温野菜など、調味料なしであっさりと食べられる野菜の付け合わせがあるとパーフェクトですね。

 

 

余ったチーズクリーム

飽きがこないように弁当に変化を加えたいという方にもオススメです。

例えば、外で買ったカルボナーラやカレーにこのチーズクリームを適量加えるだけで結構違います。調節が難しいですがいきなり全入れなどの過ちを犯さなければ問題ありません。問題は、このチーズクリームが余っているかというところです。
わざわざこのためだけにチーズクリームを無印良品へ言って買ってきてくださいとは言いづらいですよね。

必ずしも1人暮らしの方向けではありませんが、確実に1つ余るという意味では一人暮らしの方にオススメしたいです。牛丼がオススメです。チーズ牛丼も良いですが卵が入った牛丼との相性も良いです。ただ、温めないとチーズクリームのペースト感が気持ち悪いですので必ず温めてくださいね。

 

終わりに

無印のカレーをパンに塗ってその上にチーズを乗せて食べる食べ方があったりなど、面白いですので自分流のアレンジで美味しさの幅を広げてみてはいかがでしょうか。