記事

性差別について

Twitter

最近ツイッターでこのようなツイートが話題になっていました。

ツイート内容

食事をしていたら隣の男性(おじさん)に「僕と同じようなもの食べてますね」と声をかけられた。私がおじさんだったらそんなこと言った?性的に消費されたと感じる

このような内容だったのですが、ここで私も含め皆さんに気をつけていただきたいのが、単純に精神的な疾患を抱えている方か、そう思うに至った問題・出来事を体験をされた方か、叩くこと・炎上などを楽しみたい方か、なんらかの思想を持っていてその思想を広めたい方か、大体この4つに分かれると思うんです。
差別に思われるかもしれませんが、差別をすると内容によっては差別された側が ”差別された感” を抱いてしまうんです。出来る人が定期的に注意喚起をしないと場合によっては精神的なダメージを受けたり、トラブルに巻き込まれてしまったり、自分のコミュニティを崩壊させてしまったりします。それだけ、本当に注意していただきたいということをリスク承知で伝えたいのです。オンラインがオフラインに悪い影響を及ぼすことは誰も望まないんで・・・・・・

当たり前なんですけれど、本来であればそう感じさせない内容にするべきなんですが、覚悟を承知で呟く方が結構いらっしゃいます。それが、精神的な疾患を抱えている方なのか、そう思うに至った問題・出来事を体験をされた方なのか、叩くこと・炎上などを楽しみたい方なのか、思想を広めたい方なのかはわかりませんが、いずれにせよツイートの意図が読めないうちに行動を起こすのはリスクが高いのでオススメしません。

とはいえ、自分の正義に反する事柄や感情を抑えきれない場面に遭遇することはありますよね。そういう状況に陥った時のオススメの考え方は『本当に性的に消費されたと感じた方か?』という考え方です。過去のツイートを調べろなどそういうことではありませんでして、立場を入れ替えるだけで『まあそれくらい思っても仕方ないんじゃないの?』と思えて来ます。

情報の意図が読めない時に一番有効な手段が考えたり調べたりすることなのですが、今回のような特定の誰かを傷つけてしまう恐れのあるデリケートな内容の場合は、一呼吸置く(考える)ということをオススメします。

 

 

これから

強制性交・強制わいせつなど年々減少傾向にありますがそれでも7000人くらいの人が被害にあっていて、その影にもっとなんらかの被害に遭われている方がいらっしゃるんです。そう考えた時に、もっと男性に対して差別的な声が上がるはずなんです。私はそれが正常だと思っていて逆に上がらないと気持ち悪いくらいに感じます。

私はこれからこういったツイートが増えるんだろうと予測します(それは私の望みでもあるのですが)ポルノ被害が増加すると見ていて、単純に見られるだけで恐怖に感じる人が出てきても全然おかしくないからです。
犯罪とこの問題を切り離して考えた方が良いという人もいるかと思いますが性を軽視する人がいる以上に、切り離して考えることが出来ない方達が実際にいるということを忘れてはいけません。

 

終わりに

私は男性が差別に思われる気持ちも勿論理解出来ますが、この問題に限らず差別の問題は行くところまで行って欲しいんですよね。注視していきたい問題の1つです。