記事

eBay 面白いアートを探す 4選

面白いアートを探そう

アートを買う買わないは別としまして、変わったアートを探したり調べたりすることは楽しいですよね。今回は私が面白いと思ったアートを一緒に見て行きましょう。

 

まず最初に紹介したいアートはMikail Chemiakinさんのアート作品です。

 

 

ミハイル・ミハイロヴィチ・ケミアキン は、 ロシアの画家 、 舞台デザイナー 、彫刻家、出版者であり、 サンクトペテルブルクの 不適合な芸術の伝統の論争の代表者です。 1959年から1971年の間に、彼はあらゆる種類のニッチな仕事をし、その間でさまざまなアートプロジェクトに参加したようです

彼は1981年にニューヨークに移りました。1990年代初頭から再びロシアを訪れ、 スラヴァ・ポルーニンのストリートショー、 マリインスキー劇場のバレエ、 ロシアKのテレビシリーズ、その他政府支援プロジェクトに取り組んでいます。上記の作品は1991年に描かれた作品で、私がこの作品を見た印象は当時の流行の技法と自身の様々な経歴や経験(ポテンシャル)が融合された作品のように感じました。Googleの画像検索で他の作品を見ると、有名な画家から影響を受けているような作品もありますが魅力的な作品が多く、後々もっと評価されるような気がしました。

 

 

次に紹介したいアートはIrene Sierra Carreñoさんのアート作品です。

 

アイリーンシエラカレーニョ (キューバハバナ、1965年4月5日)キューバの作家です。 批評家によって、世界または平行世界の創造者と見なされてきました。 彼女の画像は、彼らが移されるように誘う「ドア」であるかのような印象を与えます。 彼女は、絵画の構成構造が操作され、無数の要素と異文化の参照記号が共存する連続した平面と複数の視点を示す、多様で広範な作品の作成者です。 ユニークな見方と表現方法をもたらすパーソナルフィルターで選別されます。 絵画、彫刻、ドローイング、陶芸の分野で活躍する多作なアーティストです。通貨のデザインもされていたようです。

私がこの作品を見た印象は、昔ながらの技法を使いオリジナリティー溢れる作品を生み出されているように感じました。どこか懐かしいような雰囲気なのだけれども、すごく新しい。この方の作品も後々もっと評価されるような気がします。

 

 

次に紹介したいアートはVLADIMIR KUSHさんのアート作品です。

 

ウラジミール・クッシュ (1965年生まれ)は、 ロシア生まれの超現実主義の画家であり彫刻家です。 彼はスリコフ・モスクワ・アート・インスティテュートで学び、彼の故郷であるモスクワで数年間働いた後、アメリカに移住し、最終的にハワイのマウイ島にギャラリーを設立しました。 彼の油絵はまた、 ジクレープリントとして販売されており、彼の人気に貢献し、カリフォルニア州ラグナビーチ、 ラスベガス 、 ネバダ州にさらなるギャラリーを設立しました。 2011年、クッシュはカンヌで開催されたArtistes du Monde国際展示会で絵画賞を受賞しました。

ウラジミール・クッシュさんの作品を見た多くの方はダリを思い浮かべるでしょう。それだけハイクオリティでオリジナリティーがあって魅力的です。現在も評価が高いアーティストのようですが今後作品の価値が上がるのは間違い無いでしょう。

 

 

最後に紹介したい作品はGUS FINKさんのアート作品です。

私が最初に自分のアートワークを販売し始めてから15年が経ち、今ではワールドワイドのコレクターがいます。私のブランドの多くをおもちゃのライン、アパレル、ビデオゲームなどに作成しています。私は常にさまざまなプロジェクトに取り組んでいますが、他の会社と協力して、多くの人が楽しめるユニークなものを作るために協力しています。私は芸術のこのビジネスに他に類をみない情熱を持っており、私の芸術に毎日取り組んでいます。

 

GUS FINKは耳にされた方は多いと思います。中二っぽいデザインではありますが可愛げがあり言い表すことが難しい魅力があります。作品にもよりますが自分の部屋に飾りたくはないですね(笑)どちらかといいますと、お店に飾りたい作品ですよね。

 

終わりに

アートをされている方は流行の技法や昔の技法や様々なアーティストを参考にオリジナリティーを追求してみてはいかがでしょうか。