オススメ記事&ゲームレビュー

ps4 オススメゲーム JUDGEMENT 7 俺達の世界わ終っている。 レビュー

あらすじ

東京、浅草。

超個性派な七人が集う弱小ゲーム開発会社「ジャッジメント7」は、AR(拡張現実)技術による新機軸RPGを製作中に、ついうっかり現実を拡張してしまう悪魔のプログラムを書き上げてしまった・・・

その日を境に「変化」していく日常。自分たちが作ったゲーム世界 その痛い設定、痛いキャラクター、痛いストーリーが「現実」となり、世界は滅亡のシナリオに向けて暴走を開始する。

世界を巻き込んだ自作自演!戦う相手は自分たちが作った「終わっている」世界!

果たして彼らは平穏な日常を取り戻すことができるのか!?(store)

 

 

2017年7月16日、ジャッジメント7で働くアルバイトディレクターの午前零時は、同じアルバイト仲間の早瀬ユウノと共に、メインプログラマーの尾張世界が開発した「W.O.R.L.D.プログラム」の検証実験を浅草で行っていた。

実験の最中、零時は崩壊した街並と磔にされたジャッジメント7のメンバー、そして見知らぬ少女の幻を目にする。その時を境に、ジャッジメント7の周囲で奇妙な出来事が起こり始める(wiki)

 

 

実際にこのゲームをプレイした感想としましては、下ネタが普段嫌いだという方も楽しめる(楽しんでほしい)ということと、序盤は人によっては『テンポ悪いな』と感じる方もいるかと思います(私がそうだった)ですがそこは我慢して欲しいです。そこを我慢するとその後のストーリ展開で我慢してよかったと思えるでしょうから。

感じ方には個人差がありますので序盤のテンポが悪いゲームだと思ってプレイしてくださいとは言い切りませんが心の準備をしておくのしておかないのとでは気持ちの面で全然違います。

 

ゲームシステムは文章を読み進めて、選択肢によってエンディングが分岐するアドベンチャーゲームの設定となっております。私のようにガンゲームやアクションゲームが苦手という方でも気軽にプレイできる穏やかなシステムですね。また、S.O.S.システムは通常の選択肢と別に用意されたシステムで「Selection of Soul」の文字が画面に表示され、制限時間の中で現れる多数の選択肢の中から1つを選択します。

恋愛ゲーム的要素が強い気がしていて、そこに耐性があるに越したことはないのですが、ない方でも一度セーブして前の選択肢に戻ることができますので安心ですね(必ずしも好感度が結果に反映されるとは限りませんので自己責任でお願いします)

 

終わりに

過激気味な下ネタ要素が含まれていますのでお子様にはプレイさせないようにご注意ください。